薪ストーブ大全―暖かな炎の...夢丸ログハウス選書
ログハウスとハンドメイド家具のあとりえどりーTOPへ

  ◆薪ストーブのあれこれ・・・

ログハウスを建てたら、絶対はずせなかったアイテムのひとつが『薪ストーブ』。
薪という自然がくれたエネルギーを最大限に利用し、私たちの体と心を暖めてくれる薪ストーブは
冬の暖房器具としてはもちろん、その他にもなにかと色々活用できる優れものです。

そんな薪ストーブは最近人気らしく、ログハウスや輸入住宅だけでなく、一般住宅にも設置されているのをTVなどでよくみかけます。

また、ひとたびストーブに火が入ると時を忘れてみつめてしまったり。。。
「無」になれる癒しのアイテムであったりもします。

薪ストーブに火を入れる
薪ストーブの道具
薪ストーブの活用その1・・・アロマテラピー
薪ストーブの活用その2・・・煮込み料理
薪ストーブの活用その3・・・焼いも
薪ストーブの活用その4・・・湯たんぽ
薪ストーブの活用その5・・・鶏ガラスープ作りNew!
薪ストーブのメンテナンス(煙突掃除)
薪ストーブおすすめのBooks!




■ 薪ストーブに火を入れる
薪ストーブに火を入れる1 1.まずストーブに入る長さで細長く小さめの木をいれます。
この時、なるべく空気の通りをよくするため木を交互に重ねるように置きます。

たくさん灰がたまっているようなら、あらかじめ掃除しておきましょう。

またガラスもススで汚れてきますので、こまめに拭いてあげます。
この時に活躍するのがまたまたメラミンフォーム
ただし、あまり頑固に真っ黒になってしまうと大変です。
薪ストーブに火を入れる2 薪にする木は、建築時の端材であったり、家具製作時にでる端材
を主に使っています。
伐採した木も夏の間に乾燥させておいて使います。

建築用の木はよく燃えるので、燃やし初めに使い安定してきたら、長持ちする自然木を入れていきます。
薪ストーブに火を入れる3 2.いよいよ火を入れますが、この時いきなり木を燃やすと大変なことになります!

最初にストーブの上部を暖め空気の流れを作らないと、煙がすべて部屋の中に流れ込んできてモクモク状態に。。。(初めて使用するときはこれを知らなかったので大変でした)
薪ストーブに火を入れる4 3.バーナーで上部を10秒ほど暖めたら、積み上げた木に火をつけていきます。(充分火がつくまで)

本来の着火方法としては、まるめた新聞紙の上に細い薪を乗せ小さな火を熾し、だんだん大きくしていくのですが、てっとり早く火をつけたいがためにもっぱらカセットボンベのバーナーを利用しています。
薪ストーブに火を入れる5 4.着火の時の空気の量は最大にしておきます。

我が家のストーブはこのつまみをいっぱいに押し込んだ状態が最大。
ちなみにこの薪ストーブはリージェンシー社製です。
薪ストーブに火を入れる6 5.着火に成功し、炎が安定してきたら空気調整をします。

つまみを手前に引くほど空気の量が減ります。
薪ストーブに火を入れる7 6.この状態になれば離れてもOK。

ただしあまり放っておくと、いつのまにか消えてしまうことがあるので、定期的に覗いてみては薪を足してやります。
(ドアをあける時には火の粉が飛んでくることがあるので注意!)

注意!コンパネ、節のある竹、雑誌など紙類は一時的にかなりの高熱を発するので燃やさないほうがベストです。
以前、コンパネを燃やしてしまったことがあり、家中が白く煙って臭くなる事件がありました・・・。(汗)
↑TOPへ
********************************************

■ 薪ストーブの道具
薪ストーブの道具1 ◆カセットボンベのバーナー

◆お掃除道具

◆マッチorライター

◆鉄製の火ばさみ(薪を足す時や、火の付いた薪を動かしたりするのに便利で、いわゆるハサミ火箸のことです)
薪ストーブの道具2 ◆ファイヤーセット

左から、ショベル、灰かき棒、火かき棒、ホウキ。

それぞれの正式な名前は?ですが、大活躍しています。
薪ストーブの道具3 ◆プチ椅子◆Up!

このとっても可愛い椅子はアトリエ・山林舎の野田氏から
出産祝いにプレゼント頂いたものです。

座面はレッドシダー、小枝を脚にしてあり
柿渋で塗装してあるそうです。
2年以上経過してさらにいい味をだしています。

薪ストーブの火の番をする時にとても重宝しています。
↑TOPへ
********************************************

■ 薪ストーブの活用その1・・・アロマテラピー
薪ストーブ活用その1*アロマテラピー ストーブの天板にアロマポットを置き、アロマオイルを入れておくだけで、とっても簡単&安全にアロマテラピーが楽しめます。

夜寝る前などは2階に香りが上がってきているので、良い感じで眠りにつくことができます。。。

■ 薪ストーブの活用その2・・・煮込み料理
薪ストーブ活用その2*煮込み料理1 ストーブの天板がかなり熱くなってきたら、お料理に大活躍します。

特に煮込み料理は、コトコト煮えるので、とっても柔らかく美味しく仕上がるのでおすすめ!
薪ストーブ活用その2*煮込み料理2 お湯やお茶を沸かすのはもちろん、煮物、カレー、シチュー、おでん、ポトフなどなど。

あと、アルミホイルを敷いてロールパンなどを暖めてもGOOD!
↑TOPへ
********************************************

■ 薪ストーブの活用その3・・・焼イモ
薪ストーブ活用その3*焼イモ1 1.『焼イモ』ってじっくりじっくりゆっくりと時間をかけて焼き上げるほど
甘味の成分が出てくるので美味しくなるそうです。

だから『石焼イモ』ってあんなに美味しいんですよね。

もしかしたら薪ストーブでも と思い立って去年の秋からはまっているのが
『薪ストーブ焼きイモ』です。(笑)
薪ストーブ活用その3*焼イモ2 2.まず、さつま芋の泥を落とし、新聞紙で包みます。

キャンプの時、よく焚き火へジャガイモを放り込んで
『じゃがバター』にして食べました。
でも、アルミホイルだけで包んでいたので
うっかりすると『ジャガイモ炭』化していて
非常にもったいない経験もしていました。
薪ストーブ活用その3*焼イモ3 3.そこで、さつま芋を新聞紙で包んで、しかも湿らせてみました。

これをさらにアルミホイルで包みます。

こうすれば早く焼けすぎずに、じっくりと火が通るのではと思い
やってみたら良い感じに、、、!

薪ストーブ活用その3*焼イモ4 4.新聞紙とアルミホイルで包んださつま芋を
ある程度火がまわった状態の薪ストーブの中へ入れます。

このときはかなり大きめの芋だったので、
何度かひっくり返しました。

小さい芋でも1度くらいはひっくり返したほうが良いと思います。

30〜50分も入れておけばOKです。(大きい時は60分くらい)
薪ストーブ活用その3*焼イモ5 5.途中からひっくり返すのをサボっていたので
片側の皮が黒コゲになってしまいましたが、中身は大丈夫。

ホクホクで甘味たっぷりの美味しい焼イモの出来上がりです!
(こげた皮の近くも香ばしくて美味!)

ぜひ、お試しあれデス。
(おそらくジャガイモでもうまくいくような気がします・・・)
↑TOPへ
********************************************

■ 薪ストーブの活用その4・・・湯たんぽ
薪ストーブ活用その4*湯たんぽ1 1.薪ストーブの天板に必ずおくのがケトルですよね。
(いつでも熱いお湯が使えるし、乾燥防止にもなるし・・)

でも夜に寝る前になるとあまったお湯がもったいない!
2階は暖まっているけどお布団の中は冷たい・・。

・・で、思いついたのが『湯たんぽ』!

用意するものは、HOT用のペットボトルと布袋。
薪ストーブ活用その4*湯たんぽ2 2.さあ、もう寝ようっか〜!となったら、歯を磨く前に湯たんぽスタンバイ!

まず、ペットボトルにお湯を注ぎます。
(布団に入るちょっと前に仕込んでおくとGood!)

かなり熱いのでペットボトルを持って注ぐことが出来ません。
くれぐれも火傷にはご注意を。
薪ストーブ活用その4*湯たんぽ3 3.ウチは3本ほど用意しています。

万が一お湯が漏れて、お布団がビショビショってことにならないよう
キャップはしっかり閉めておきましょう。
薪ストーブ活用その4*湯たんぽ4 4.それぞれのペットボトルを布袋へ入れてお布団の中へ。
  (これは娘用のベッドに入れたところです)

こんな小さなペットボトルでも電気毛布やコタツ並に暖かいので
とっても重宝しています。
なんといってもお湯を無駄にしないし、電気代もナシ。
湯たんぽの容器は飲み干したペットボトル。
まさにロハス?!です。
意外なことに朝までほのかに暖かいんですよ。
↑TOPへ
********************************************

■ 薪ストーブの活用その5・・・鶏ガラスープ作りNew!
1.薪ストーブの天板で手軽に安〜く簡単に『本格的スープ』できるという嬉しい発見(?)です。

材料はこれだけ!超オススメです〜♪
A.鶏がら(スーパーでも100円前後で売られています)
B.ニンニク・ショウガ・ネギを少々(なければネギだけでもOK)
AとBをそれぞれお鍋に入れて、ヒタヒタのお水を入れます。
あとはストーブの上にのせて時々アクをとりながら煮ていきます。

我が家は何度も水を足してはスープをとりまくっています。(笑)
最初は濃いめなのでお好みで薄めて使ってくださいね。

********************************************

■ 薪ストーブのメンテナンス(煙突掃除)(2005年11月)
薪ストーブのメンテナンス(煙突掃除)1 実は、2002年に薪ストーブを設置して以来
本格的に煙突掃除をするのはこれが初めてなのです・・!
(愛好家の方に怒られそう〜)

煙突掃除専用の道具を持っていないということと、
■ 薪ストーブに火を入れる』6番の注意!でも触れていた
「コンパネ煙事件」の時に煙突を外して異常がないか見た際
ほとんど煤(スス)がついていなかったので
延ばし延ばしにしていたのが正直なところ。
しかし、そうも言っていられなくなったのでいよいよチャレンジ!
薪ストーブのメンテナンス(煙突掃除)2 1.まず薪ストーブ周りの小物やらを一切撤去。

煤が落ちてくるのでビニールシートで床をカバーしました。
薪ストーブのメンテナンス(煙突掃除)2 2.煙突を上へ持ち上げて取り外していきます。

これには大人が2人以上必要です。
なにせ、重〜い薪ストーブを少し移動させないと
煙突が外れないので。
(腰を痛めないように・・)
薪ストーブのメンテナンス(煙突掃除)3 3.薪ストーブ上部にもこんなに煤(スス)が〜!

これは外して、綺麗に煤をはらい
薪ストーブ上部の煤は軍手を履いた手を入れて
下へ落としました。
(上部が二重構造になっていて、両脇から下へ落とすことができます)
薪ストーブのメンテナンス(煙突掃除)4 4.2重煙突上部分にもかなりの煤が・・・!!

これを落とすのか〜。
さてどうしよう・・・。

今シーズンになってストーブを使用している時、カラカラカラ〜と
煙突内を何かが落下しているような音がしてしました。
これが犯人!だな〜。
薪ストーブのメンテナンス(煙突掃除)5 5.自作の(苦作?!)のブラシ&ビニール作戦。

2メートルくらいの木の棒に100均のブラシをガムテープで
くくり付けたありあわせの道具。

煤がもろに落ちてくるのを防ぐ為
ビニール袋(ゴミペール用の大きいもの)に
下から20cmくらいのところに棒が通るくらいの穴を開けて
自作のブラシを通しました。
薪ストーブのメンテナンス(煙突掃除)6 6.ではでは、これで擦ってみます!

ガムテープでビニール袋を煙突カバーに仮止めして
片手で抑えながら、手探り状態で擦ってみました。

本来は屋根に上がり、上から煤を擦り落とすのが理想ですが
今回は下からやってみることにしました。
(屋根の形状によっては上れないオウチもありますよね?)
薪ストーブのメンテナンス(煙突掃除)7 7.煤がボロボロ・・。

ビニールの穴から多少の煤が落ちてきました。
薪ストーブのメンテナンス(煙突掃除)8 8.心強い助手もいます。

2歳児の娘もお手伝い。(のつもり・・)
薪ストーブのメンテナンス(煙突掃除)9 9.自作煙突掃除ブラシ。

木は途中まで芯で割れていて、そこへブラシの枝を挟み
ガムテープで止めただけのカンタンな掃除道具。

専用の掃除道具があればもっと綺麗に効率よく煤払いが
出来ると思いますが、
これでもまったくやらないよりはマシだと思います・・。
薪ストーブのメンテナンス(煙突掃除)10 10.長い煙突部分は戸外へ出して擦ります。

この部分にはかなりの煤が溜まっていました。
ブラシを奥まで入れて擦ります。
薪ストーブのメンテナンス(煙突掃除)11 11.助手活躍。

大人用の軍手を器用にはめ一生懸命擦ってくれました。
(何も言わずとも自ら軍手をはめていました・・
なんでもマネしたがる年頃ですね)
薪ストーブのメンテナンス(煙突掃除)12 12.大量の煤が出てきました。

ブラシで擦っては、煙突立てて煤を落とす作業を繰り返します。
薪ストーブのメンテナンス(煙突掃除)13 13.薪ストーブの上部もこんなに綺麗になりました。

これですべての煤落としが終わり、元の通り組み立てます。
(この様子は二人がかりで作業していたので画像が撮れず・・)

組み立て後、念のため屋根に登り上からも煙突に異常がないか
点検してみました。
(アレ?結局登るんだったら、上からブラシで擦ったほうが・・・)
薪ストーブのメンテナンス(煙突掃除)14 14.煤を落として身(ストーブ)も心(私たちの)もスッキリ!
小物のホコリもはらって元のようにディスプレイしました。

昨年新築された友人のログハウスの薪ストーブは初めて使用した
シーズンですでに煤がタール状になって煙突が詰まってしまい
業者さんにお掃除して頂いたそうです。

それを聞いていたので覚悟(?)して挑んだ今回の煙突掃除。
案外カラカラの煤ばかりで、3年使ったわりには量も思ったほどではありませんでした。ホッ・・。
使用する薪はできるだけ乾燥しているほうが良いようですね。
↑TOPへ
********************************************

■ 薪ストーブおすすめのBooks!
薪ストーブの基礎知識、正しい使い方、薪割りの方法、カタログなどを余すところなく盛り込んだ一冊。

写真もとても綺麗なので見ているだけも楽しいです!

実際に購入を検討している人、憧れとして考えている人まで、持っていて損はないバイブル的な存在のいちおしの本です。
おすすめ度:★★★★★
薪ストーブだけでなく囲炉裏の魅力も紹介されています。

選び方から設置術、上手な使い方を詳しく解説し、暮らしにあった一台を選ぶためのカタログや囲炉裏の作り方を紹介。ショップ&メーカーガイド付きです。


一戸建て以外にマンションやリフォームの例も紹介されているので、『火の魅力』を取り入れたい方へのおすすめの一冊です。
おすすめ度:★★★★
絵本の中から飛び出したようなコトコト煮のキャセロールの数々。

野菜やシーフードなどの自然な食材がたっぷり取れて、おなかの底にしみわたる薪ストーブのおいしい魔法をおしゃれな写真満載で紹介しています。

ヘルシーなスローフードが満載で、薪ストーブがなくても厚手の鍋とたっぷりの時間さえあれば豊かな気分にさせてくれる、おすすめのお料理本。
おすすめ度:★★★★



薪ストーブ各種揃っていて見るだけでも楽しいところ・・・

薪ストーブ用品も豊富に揃っていて勉強になります・・・


↑TOPHOME
長年の夢…ログに住みたい!建築開始までの道のりいよいよ建築開始!Go!Go!ハーフセルフビルド
ハーフセルフビルド成功の秘訣!実際の住み心地は?ログハウスの改修工事レポート
ログハウスの地下室改装&家具製作ログに関するお問合せ家具に関するお問合せ
ログの手作り家具たちLet's!はんどめいどオリジナル木工品のカタログオーダー作品のGallery
塗料のことあると便利な道具たちログの照明えらび|薪ストーブあれこれ|プチ旅にでかけよう!
All Rights Reserved Copyright(C) 2003-2007 Atelier Drea.