ログハウスとハンドメイド家具のあとりえどりーTOPへ

  ◆Let's!はんどめいど

ちょっとした収納家具や棚など自分で作れたらいいのになあ・・・と思うことはありませんか?
少しの技術と道具があれば簡単にできるものもたくさんあります。

ここではあとりえどりーの作品製作過程や、簡単な木工作品の作り方をご紹介していきたいと思います。

なお、使用している道具については『まめ知識?・あると便利は道具たち』をご参照ください。
大型の木工機械については、わが工房がまだ未完成のため、
場所をお借りしてまとめて木づくりをさせて頂いています。
(この木づくりは基本で一番大切なところなので、また詳しく紹介したいと思います)
あとの作業はデッキ下のミニ工房でせっせと作業をしています、、、。

■ 作品いろいろ ■ ■ 下準備いろいろ ■
■『コルクボード』ができるまで

■『なんでも棚』ができるまで
■『張り合わせ』のこと



■『張り合わせ』のこと
『張り合わせ』とは、テーブルの天板や広めの側板、棚板などを作るときに木材と木材を張り合わせ、必要なサイズにすることを言います。
これをマスターすると、作品の幅が広がりますので下準備の方法としてご紹介します。
1.糊(ボンド)つけ


張り合わせたい木材の側面にボンドを塗ります。
市販の木工用ボンドです。
2.締め付け(準備)


あらかじめハタガネの長さを調整しておきます。
圧力で材にキズがつかないように小さな木も用意しておきましょう。
3.締め付け(両端)


まず両端から締め付けます。材がずれて目違いができないようにしっかり押さえて締め付けます。
4.糊のふきとり


ハタガネで締め付けると糊がはみ出てきますので
ブラシに水をつけて取り除きます。
5.締め付け(中央)


真ん中当たりでも締め付けます。
材が長くなれば何箇所か締め付けます。
6.糊のふきとり


バケツに水をくんでおいてブラシをゆすぎながら
拭きとっていきます。
7.糊のふきとり


ブラシで糊を取り除いたあとウエスでしっかり
拭いておきます。
8.完成


この状態で1日おきます。
ちなみに仕上がりの厚みよりも1ミリほど厚い状態
で張り合わせして、あとで全体にプレーナーをかけると、目違いも簡単にとれてきれいに仕上がります。

↑TOP

■『コルクボード』ができるまで
●材料・・・パイン材・コルクボード(市販のものをばらしてコルクのみ使用)・ペグ
●下準備・・・木づくり(手押しカンナと自動カンナで厚み幅を揃えておきます)
溝きりでコルクボードをはめこむ溝をつき、片方の材にホゾをつくります。
1.ジクソーでカーブをカット


鉛筆でカーブの下書きをしておき、ジクソーでカットしていきます。カーブは厚紙などで作ってあります。
2.カーブがカットできたところ


ジクソーを強引にすすめようとせず、ゆっくりカーブ
をきるようにするとうまくできます。
3.糸鋸でくりぬきをカット


糸鋸刃をとおすための下穴をあけておきます。
材をしっかり押さえ、ゆっくり下書きにそって
刃をあてていきます。
4.サンダーでカーブを整えます


荒め(60番位)のペーパーをとりつけた
サンダーをジクソーでカットした部分に
あてていきます。
5.トリマーで丸面をとります


コロ付丸面ビットを使用します。面の大きさは
刃の出具合で調整します。
6.くりぬきと面をとったところ


くりぬいたところはかるく面をとっています。
7.ビスの下穴をあけます


最初にビスの頭をかくすためのダボ用の穴(10mm)
をあけ、細いドリルで貫通させます。
8.下穴をあけたところ


これをしておくと材が割れる心配がありません。
9.ペーパーをかけます


150番位のペーパーで表面を仕上げます。
10.くりぬいた中もペーパーをかけます


丸棒にペーパーをはりつけて使います。
11.塗装をします


くりぬきの中など細かいところは筆で塗ります。
12.塗装をします


オイルステインを布に染み込ませて塗ります。
刷毛より無駄なく塗ることができます。
一通り塗装ができたらしばらく乾燥させます。
13.組み立てます


手順をおって組み立てていきます。
コルクボードをはめこんでいるところ。
14.組み立てます


使用するビスは長すぎても短すぎてもよくありません。
ここでは45mmにしています。
15.ダボうめをします


ビスの頭をかくすためのダボ(10mm)をうめます。
16.のこぎりでダボをカットします


材にはわすようにして切るとうまくいきます。
木の目に順じた方向から切ります。
17.ダボをうめたところ


ダボをうめ、かるくペーパーをかけます。
18.完成


こうしてコルクボードが完成しました!!!

↑TOP

■『なんでも棚』ができるまで
●材料・・・パイン材(建築時の余り材)
●下準備・・・木づくり(手押しカンナと自動カンナで厚み幅を揃えておきます)

※写真がちょっと暗めでスミマセン・・・。
1.材料を準備


建築時の余りを使用しました。長く置いていれば
反りがでてきますのできちんと木づくりします。
2.ジクソーでカーブをカット


鉛筆でカーブの下書きをしておき、ジクソーでカットしていきます。カーブのセンスは人それぞれなので
木工雑誌などを参考にすると面白いでしょう。
3.糸鋸でくりぬきをカット


糸鋸刃をとおすための下穴をあけておきます。
材をしっかり押さえ、ゆっくり下書きにそって
刃をあてていきます。よくありがちですが
ハートにしました。
4.下穴をあけます


写真右のドリル刃でダボ穴をあけて、左の刃で
貫通させます。これで材が割れる心配はありません。
5.下穴をあけたところ


これで材が割れる心配はありません。
6.トリマーで丸面をとります


コロ付丸面ビットを使用します。面の大きさは
刃の出具合で調整します。
7.面をとったところ


面をとったところをペーパーでなめらかにして
仕上げます。
8.組み立てます


それぞれの材をビスで固定します。
9.完成!


ダボうめをして完成!!!
10.実際に使用!


以前作ったベビーチェストの上に設置しました。

↑TOP





↑TOPHOME
長年の夢…ログに住みたい!建築開始までの道のりいよいよ建築開始!Go!Go!ハーフセルフビルド
ハーフセルフビルド成功の秘訣!実際の住み心地は?ログハウスの改修工事レポート
ログハウスの地下室改装&家具製作ログに関するお問合せ家具に関するお問合せ
ログの手作り家具たち|Let's!はんどめいど|オリジナル木工品のカタログオーダー作品のGallery
塗料のことあると便利な道具たちログの照明えらび薪ストーブあれこれプチ旅にでかけよう!
All Rights Reserved Copyright(C) 2004 Atelier Drea.