音声配信中【StandFM】の番組はこちら!➤

【誕生日企画】キャンピングカー(キャブコン)のレンタル体験レポート!越前海岸へプチ旅行

体験レポート

こんにちは!まごきょんです。4月は私の誕生日でした♡ということで、いっさんが提案してくれたこの企画。

issan
issan

題して【誕生日にキャンピングカーをレンタルして1泊2日のプチ旅行へ行こう!】です!

行き先は、琵琶湖畔や川沿いのオートキャンプ場も考えたのですが、私が海鮮が大好きなことや道路が広いということもあって、数年前に結婚記念日旅行でも寄ったことがある【温泉付きの越前道の駅 漁火】に決めました。

kyon
kyon

今年は、バンライフ(車中泊に改造したバンタイプの車で旅をすること)の実現を目指している私たち夫婦。

まずは、キャンピングカーを借りて体験してみたいね!と思っていたので、ちょうど良い機会でした。

ということで、今回の記事では、キャンピングカーのキャブコンを借りてみての実際はどうだったのか?超リアルな体験レポートをお届けします。

今回の記事の主な内容
  • キャンピングカーのレンタル料金は?
  • キャブコンって運転はしやすいの?
  • キャブコンの居心地や使い勝手は?
  • お誕生日企画としてどうだったのか?

などについてお話しますので、ぜひ最後までお付き合いくださいね。

kyon
kyon

それでは、まずは気になるキャンピングカーのレンタル料金からどうぞ!

キャンピングカーのレンタル料金は?

「キャンピングカーをレンタルする」この発想に気づいてから、ず〜っとやってみたかったんですよね。しかもキャンカーをレンタルできるお店が、車で1時間圏内に2箇所もあったのです。

issan
issan

今回は、そのうちの1件、自宅から30分ほどのところにあるアクロスさんにお世話になりました。

オーナーさんは、まだアラサーくらいの若いパパさん。0歳のお子さんがおられる特殊車両のもと設計&整備士さんです。(すぐ隣の実家がお寺〜)

お仕事柄、車を触るのはお得意。そしてアウトドアがお好きなよう。キャンプ用品のレンタルも対応してくださいます。

公式サイトでは、予約状況のチェックとオンライン予約も可能。私たちがレンタルしたのは【ナッツRV クレソン】のショート料金です。

15:00以降の引き渡しと12:00までの返却でショート料金(1日料金の半額)となります。

実際の日程は、月曜日の15時〜火曜日の12時まで(少し遅刻しましたが、柔軟に対応してくださいました!)

今回お借りした車種【ナッツRV クレソン】で【オンシーズン3月~11月(平日)】の場合・・・

¥15,400(税込み)×2日分のところ、ショート料金適用でオプション保険【免責補償】2日分の¥6,000を追加。

合計¥15,400+¥6,000=¥21,400

でレンタルできました!

初めてのキャンピングカーをレンタルするということもあって、あまり遠出せず長時間の運転をさけました。

kyon
kyon

あくまでもキャブコンの体験を重視することにしたので、ショート料金はとてもありがたい設定でしたね。

それでは、次は実際にレンタルして運転した感想をお伝えします。

ザ・キャンピングカーのキャブコンって運転しやすいの?

キャンピングカー(キャブコン)のレンタル体験レポ

アクロスさんから、キャンピングカーについて様々なレクチャーを受け、内容を忘れないよう動画に撮ったら、カギをお借りしていざ出発!(「何かあったらいつでも電話くださいね〜」と優しいお言葉も)

なにせ、キャンピングカーをレンタルするのも運転するのも初めての体験!気になるキャブコンの運転についてですが・・・

kyon
kyon

意外と運転しやすかったんです!

行きは、全部いっさんが運転してくれました。私は隣の助手席へ。アクロスさんを出発してすぐに「あ、全然大丈夫!運転しやすいわ〜」と。

アクロスさんも「くれぐれも高さだけは注意してください。それ以外は小回りもきくし運転しやすいですよ」とおっしゃっていました。

kyon
kyon

帰りは、ほぼ私が運転したのですが、確かにすぐに慣れました。

車の幅と高さはあるんですが、実際は心配するほどでもなかったのです。

駐車するときも、バックモニターカメラがあるので、安心。私たちの車にはない装備で、これも初体験。

ドライブレコーダーも設置してありましたよ。(なので、バックミラーで後部車内を見ることができないのは、ちょっと気持ち悪かったです)

issan
issan

にしても、広い駐車場に広い国道を走ったこと、風のない穏やかな快晴に恵まれた日だったのも、ラッキーやったね!

ただし越前海岸はカーブが多く、ついつい内回りになってしまうのには要注意!

そして、やっぱり初キャンカーでお互い緊張していたのと、ベース車が小型トラックでかなり振動が響くため、助手席での居眠りはできず…(笑)

kyon
kyon

上り坂は、車体が重いのでアクセル踏んでもかなりしんどかったですね。私は、慎重に運転していたこともあり最高速度60kmが限界でした。

ってことで、後ろの席に座っていちばんくつろいでいたのは、小4次女さん(笑)

どんな感じだったのか、次女さんが私の運転の様子を撮影してくれたので、こちらの動画をご覧になってみて下さい。(3分弱)

いかがですか?伝わりましたでしょうか。運転しているところは、キャンピングカーとわかりませんよね〜(汗)

では、次にキャブコンの車内使い勝手についてお伝えします。

キャブコン居室の乗り心地や使い勝手は?

【くつろぐ次女さん】キャンピングカー(キャブコン)のレンタル体験レポ
車内の様子。次女さん余裕の表情!

ベース車は小型トラックなので、振動が伝わりやすいというお話をしましたが、後ろの部分【居室】はまさに走る別荘。立って歩ける生活スペースは快適そのもの!

ただし、走っているときに動き回ることは禁物です。

【車内で夕食の準備中】キャンピングカー(キャブコン)のレンタル体験レポ
小さなシンク(水場)とカウンターがあります。夕食の準備をする次女さんと私。

今回お借りしたキャンピングカー【ナッツRV クレソン】には、L字型のカウンターがついていて、これがかなり便利!ちょっとした調理をするには十分でした。

ちなみに、お湯を沸かすためにティファールを持参したのですが、外部電源につなげないと使えません。出発前に判明してよかった!自宅にお鍋を置いてきたので、アクロスさんがサービスで貸してくださいましたよ。感謝です♡

オートキャンプ場でAC電源付きのサイトを借りれば、クーラーやティファール、炊飯器にドライヤーも使えるそうです。

携帯の充電は、まったく問題ありません。

それから、シンクのお水は20リットル積んであります。(排水タンクも同じく20L)

kyon
kyon

ですが、使った食器はペーパーで拭き取りアルコールスプレーで消毒することで、極力お水を使わないようにしてみました。(我が家のアルコールスプレーはウォッカの「スピリタス」を入れています)

issan
issan

キャンカーライフは、節水意識がアップ!ゴミもすべて持ち帰りました。

頭上には、収納スペースがたくさんあり、荷物を入れておけば落ちません。ただ、私の身長だと入れてあるものが見えない部分があって、お返しする時に忘れ物注意です。

シャワー室には、ウィンドウ用のクーラーが設置されていて、こちらも荷物置き場に。クーラーボックス、椅子とテーブルなどを収納しました。

【バンクベッドがお気に入り】キャンピングカー(キャブコン)のレンタル体験レポ
次女さんお気に入りのスペースは、運転席上の【バングベッド】

運転席の上は、バングベッドというロフトのようなスペースで次女さんのお気に入り!親子3人で寝ることがじゅうぶん可能な広さ。

issan
issan

シュラフをセッティングして就寝したのですが、マットが硬いので朝起きたとき腰が…。

それから、これは”キャンピングカーあるある”なのでしょうか。

立って歩けるとは言え、やはり家よりは狭いため、身のこなしを考えないと、家具のあちこちに体をぶつけます(汗)

私は、冷蔵庫の持ちてにスネを。次女さんは、椅子の上に立ったときに収納棚に頭を3回もぶつけました(笑)

おまけに車の大きさに慣れないからなのか、助手席側についているミラーに頭を2回ぶつけていた、いっさん!

kyon
kyon

2日目の朝、移動中に後ろの席でメイクをしようとしていたら、カーブを曲がる際にテーブルから荷物がすべて滑り落ちたり〜(汗)

キャンピングカーの車内&車外では、くれぐれもケガのないよう注意しましょう…。

issan
issan

そうそう話は変わりますが、レンタルの返却前にガソリンを満タンにして返すんですが、燃費は7.7キロ/Lでしたよ〜。

まあ、参考までにということで…。

それでは次に、そもそものメインイベントである私の誕生日は、どんな感じだったのかをレポートします!

キャンピングカー体験×誕生日!一生忘れられない記念すべき日に!

越前の道の駅【漁火】へ17時半ごろ無事到着。

【越前の夕日】キャンピングカー(キャブコン)のレンタル体験レポ

↑越前海岸の素晴らしい夕日。海が見渡せる露天風呂で空の芸術を心ゆくまで堪能しました。温泉でまったり温まった後は・・・

【海鮮丼でお祝い】キャンピングカー(キャブコン)のレンタル体験レポ

↑キャンピングカーに戻って、大好物の海鮮丼を♡ソーセージは次女さんのために。ご飯は土鍋で炊いて真空パックにして持参。

issan
issan

現地の道の駅は、17時で閉店となるため、途中のスーパーで買い出しをしてきました。

【プチ焼き肉も】キャンピングカー(キャブコン)のレンタル体験レポ

↑さらにプチ焼き肉も。リ・コエンザイムソルトを振りかけより美味しく〜♡

↑ただし!焼き肉は車内にニオイが残るので、あくまでも控えめに。天井にある換気扇をフル回転させながら…。

【バースデーチーズケーキ】キャンピングカー(キャブコン)のレンタル体験レポ

↑前日、自分のために焼いたバースデーチーズケーキ♡次女さんにデコレーションしてもらいました。(イチゴと塩麹入り)

kyon
kyon

いっさんと次女さんからは、プレゼントやメッセージカードを頂き、岡山の女子寮で暮らす長女さんはLINE電話でお祝いをしてくれるという、大満足のキャンピングカーBirthdayとなりました(*´ω`*)(長女さんからは春休みにプレゼントを頂いてました〜)

【越前海岸】キャンピングカー(キャブコン)のレンタル体験レポ

翌日の朝食は、場を変えて海が見えるスポットへ移動。

【越前海岸で朝食】キャンピングカー(キャブコン)のレンタル体験レポ

オーニングがついているキャンピングカーは、タープいらずでとても快適!持参した椅子とテーブルでサクッとくつろぎスペースに。

【朝食のホットサンド】キャンピングカー(キャブコン)のレンタル体験レポ

↑昨夜の残りのヒレカツや卵を挟んで焼いた、熱々ホットサンドがうますぎでした!

停車したところで、すぐにMyスペースとしてくつろげちゃうところが、キャンピングカーの最大の魅力。

そんな非日常が味わえるキャンカーで誕生日を迎えることができた私は、本当に幸せものです♡

それでは、最後に今回の体験レポをまとめてみますね。

最後に

今回は、いっさんが企画してくれた誕生日のイベント【キャンピングカーのレンタルプチ旅行】の体験レポートをお届けしました。

  • キャンピングカーのレンタル料金は
    →ショート料金で合計¥21.400
  • キャブコンって運転はしやすいの?
    →意外と運転はしやすい!高さと内回りに注意!カギがたくさん(汗)
  • キャブコンの居心地や使い勝手は?
    →とても快適!まるで走る別荘!ただし立ち振舞に注意。
  • お誕生日企画としてどうだったのか?
    →キャンカー体験×温泉×海鮮丼×素敵なロケーションでの朝食=忘れられない思い出となりました♡

ということで、ざっくりと振り返ってみましたが、本当にこの企画、しみじみと余韻を感じつつ、まるで夢のような体験で最高でしたよ!!

issan
issan

思い切ってキャブコンをレンタルしてよかったね!

実は、当初バンライフの予行練習体験としてハイエースタイプのキャンピングカーをレンタルしたかったのですが、先約があり断念。

次は、ぜひバンタイプのキャンカーを借りてみたいですね。

とはいえ、キャブコンの居室の快適さと運転のしやすさも捨てがたい…。

キャンピングカーは、リアルに体験してみるのが一番!今度は、高3の長女さんも一緒に家族4人で楽しみたいものです。

kyon
kyon

そうそう!キャンピングカー同士ですれ違う時、対向車の方が手をあげて挨拶してくださるのが、印象的でした♪


↓初の電子書籍出版!ぜひ読み放題でどうぞ↓


あとりえどりー公式LINEはじめました!

ただ今、お友達追加をしていただいたご縁に感謝して・・・

kyon
kyon

量子力学の観点から見た【人生の創り手となるための3ステップ!(願望実現の3ステップ)】のセミナー動画をプレゼントしています!

なんとっ!LINEお友達限定の特別な撮り下ろし動画!!

issan
issan

34歳で独立起業!自由にストレスフリーで生きるアラフィフ夫婦がリアルに実践してきた【人生の創り手となるための3ステップ】を夫婦で解説していますので、ぜひ受け取ってくださいね。

友だち追加
セミナー動画はこちらでプレゼント中!

その他、LINEでは・・・

  • ブログの更新情報やお役立ち情報
  • 田舎暮らしの本音
  • 独立起業の本音
  • ログハウスの本音
  • 子育て・夫婦の本音

など、ブログでは詳しく話せないような、突っ込んだお話やイベント企画情報なども♪

友だち追加
↑お友だち登録はお気軽にどうぞ♪



この記事が気に入ったらいいねをお願いします!
フォローして最新情報をGetしてくださいね♪
この記事を書いた人

琵琶湖の見える自然豊かなお山に2002年ハーフセルフで建てたログハウスにUターン移住。(滋賀→名古屋→滋賀)
翌年、ログハウスとハンドメイド家具のあとりえどりーを夫と起業。
家族はログビルダーの夫と二人の娘(2003・2012生)、チワワのドリー(1999生-2014.2永眠)
主なお仕事は、ログハウス建築&メンテとオーダー家具、ブログ運営・Webライティング講師、発酵家庭料理研究家。

まごきょんをフォローする♪
ブログを正しく運営することで人生が好転しちゃった!?

住みたい所で好きな仕事をして、自由に生きるための自分発信の方法を
メルマガ(無料)でお届けします(*´ω`*)

体験レポート旅行&キャンプ
この記事をシェアする!
まごきょんをフォローする♪
Happiness*幸せのつむぎかた|移動力×DIY力×発酵力

コメント

  1. Mamiy より:

    楽しそうなキャンピングカー体験のレポート、拝見しました❣️

    「うんうん」と、うなづくことばかりでした。
    越前は、良く走ります。その道の駅も何度か行ったことがあり、車中泊もしました。

    キャブコンの良さは、車内で立って歩けることです。
    うちの夫いわく、そこは譲れないと言っています。
    今度は、バンタイプを体験されるんですね。
    またレポート、楽しみにしています。

    • Mamiyさん、コメントありがとうございます♪

      キャンカーライフ大先輩のMamiyさんにお読みいただき嬉しいです〜(*´ω`*)
      越前の道の駅、絶景温泉があって良いですよね!
      他にも車中泊をされているキャンピングカーさんもおられました。

      立って歩ける車って、やっぱり快適ですねぇ。。。
      ご主人が譲れないとおっしゃるのもわかります!

      果たしてバンタイプは、どうなのか?
      できるだけ早く体験したいね、と、いっさんと相談中です(*´ω`*)

      それから、Mamiyさんが執筆なさった電子書籍【キャンピングカーは走る別荘】
      とても役に立ちました♡
      引き続きよろしくお願いします♪

タイトルとURLをコピーしました