ただ今、田舎暮らしブログにどんどんアップ中です!

4章:1度目の移住と転職|あとりえどりー一家物語

あとりえどりーのトレードマーク焼印

kyon
kyon

こんにちは、まごきょんです^^
今回は、あとりえどりー一家物語の『4章:1度目の移住と転職』についてのお話です。

 

いよいよ、移住への第一歩が始まっていきます!

ただこの時期のことは、本編の記事でも詳しくお伝えすることになると思いますので
ここでは、さらりとお伝えしますね。

 

そろそろ、名古屋での暮らしが限界に近づいていた私たち夫婦。

ちょうど、こんな条件が重なったこともあり、とうとう都会を脱出することに決めました。

  • 広い家でひとり暮らしている祖母のためにも、私たちが同居してくれたら…という
    実家の母からの提案。
  • 私が名古屋で務めていた会社が、社長の体調不良で実質休業状態になってしまった。
  • ちょうど、賃貸マンションの更新時期だった。
  • いっさんの勤めていた会社からの社宅手当がなくなる時期が、近づきつつあった。

とまぁ、このまま無理してココで暮らす必要もないんじゃない?!

というような状況になったので……。

 

いったん、私の実家方面へUターンして「資金をためながらログハウス建築のために土地を探そう!」ということになりました。

 

まずは、おばあちゃんちの2階に住まわせてもらいました。(食費は別、水道光熱費はちゃんと入れましたよ)

もちろん家賃は浮くので、その分はマイホームへの資金用に貯金することに。

 

それから、いっさんの名古屋への長距離通勤も、長く続けるのはつらいもの。何度も夫婦で話をして、まずはいっさんが名古屋の旅行会社を退職する方向へ。

 

すぐには無理でしたが、半年以上かかって辞表が受理されました^^;

 

で、次に転職するのは『木』に関わる仕事か、いっさんの趣味『釣り』関係かで考えていたんですね。

 

なんで、木に関わる仕事なのか?

というのは、ログハウスをできるだけ自分たちの手で建てたかったから。少しでも、木に関する知識や技術はあったほうがいいと思ったからです。

 

そして、退職後はいっさん初めての長~いお休み(3か月間)です。それはもう、毎日琵琶湖へ出勤して(釣りを)満喫されてましたよ^^

 

その頃私は、地元の母の知人のカフェをお手伝いしていたのですが…。

 

軽い気持ちで、いっさんの仕事探しに行った就職相談会にて、なぜか私が派遣に登録することになり、派遣社員として働き、そのままその会社に正社員として採用されたり。といったこともありました。

 

そしてロングバケーションを終えたいっさんは、私が通っていた木工工房の営業として
お手伝いさせてもらう作戦を実行したのです。(特に募集されてなかったのに、私が部長さんに直談判した押しかけ就職です^^;)

 

そこは、工具や大型の機械が充実していて、いつでも木工品をつくれる環境が整った会員制の工房でした。

なのに、あまり存在を知られてなかったので、周りの方々に広めたかったというのもあったのです。(残念なことに、現在は閉鎖されてもうありません…)

 

そこで営業をしながら、木工の基礎に家具作り、リフォームの手伝いなどを通して、技術も学ぶことができました。(いっさんの意外な才能?!が、開花した時期です)

 

そうそう!一度目の移住(Uターン)では、奇跡の出会いがあったのです!!

 

それは、木工工房に勤務されていた、超ベテランの大工さん(師匠と呼んでいます^^)です。

 

この大工の師匠の側で仕事をさせてもらった経験のおかげで、後に、自分たちでログハウスを建てるという夢がかなった!といっても過言ではないくらいです。

 

そして、そのあと、さらに運命の出会いが待っているのでした。

 

5章:メーカーさんとの出会いと土地探しへつづく

 

〔あとりえどりー一家物語〕目次

タイトルとURLをコピーしました