ただ今、田舎暮らしブログにどんどんアップ中です!
ブログを正しく運営して人生が好転!

「住みたい所で好きな仕事をして、
自由に生きるための自分発信の方法とは?」
今なら無料メールマガジンでお届けしています(*´ω`*)

無料メルマガはこちら>>>

滋賀県高島の美味しい湧き水3つ!私が飲み比べした正直な結果とは?

スポット

「やっぱり、湧き水って美味しいよね!」
「ところで、高島にも湧き水があるって聞いたんだけど?」

 

滋賀県高島に住んでかれこれ15年以上、これまで湧き水にあまり関心がなかったあとりえどりーのissanです^^

滋賀県はもともと水が比較的美味しい地域なので、浄水器さえ通していればOKだと思っていたんですが…。

 

issan
issan

そんな私が「なぜ高島の湧き水に注目したのか?」という理由は後で触れるとして…。

 

今回は”高島の美味しい湧き水を3つ”紹介したいと思います!

 

もちろん実際に飲み比べもしたので、それぞれの感想も含めランキング形式で発表していきましょう。(あくまでも私が感じた結果なので、あなたなら違うかもしれませんよ^^)

 

の前に、念のためもう一回”飲み比べ”しますね〜。

・・・・・(なるほど、なるほど)はい!味の感想が薄れないうちにお話していきましょう!


滋賀高島の美味しい湧き水3選とは?

高島って、田園風景がとても綺麗なところなんですね。ということは、水源が豊富にあるってこと。そして、その水が集まってくるのが”琵琶湖”なんです!

そんな日本一大きな湖がある滋賀県。中でも湖西地区に位置する高島には、美味しい湧き水ってどこにあるのか?

 

issan
issan

ちなみに高島と言ってもかな~り広いので、今回は我が家(今津)から車で20分圏内で行ける湧き水になります。

 

なので、これから紹介する以外にも、高島には美味しい湧き水はたくさんあるかと…^^

 

ではさっそく、我が家が独断で選んだ湧き水ランキング3位から発表していきましょう!

高島の美味しい湧き水3位:新旭針江【生水(しょうず)】

新旭の針江と言えば“かばた”(川端)で有名なので、「多分お水も美味しいんやろなあ」って密かに思っていました。

 ちなみに”かばた”とは、針江地区の集落の中を流れる水を生活用水に利用する仕組みのこと。

比良山の伏流水があちこちから湧き出していて、その湧き水が集落中に張りめぐらされた水路を流れているのです。

 

issan
issan

そんな針江の湧き水は、生水(しょうず)と呼ばれていて”生水の郷”として各メディアでも紹介されています~。

 

ではでは、今回私が針江の生水をいただいてきた場所は、宿泊施設でもあるラシーヌホーム針江さん。(厳密に言えば)の庭に設置された湧き水汲み場です!

~この日は家族4人で湧き水めぐり

嬉しいことに、試飲用の紙コップが置かれていました!(こういった配慮は、ホントに大切ですよね~^^)

で、さっそく頂いてみることに。みんなの感想は…。

普通に美味しい!」(この表現って、よくしちゃいますよね^^;)

「でも、この前汲みに行った〇〇の方がまろやかなんちゃう?」

 

そうなんです!キホン普段同じものを口にする家族の味の感覚って、やっぱり似るものなんですよね。全員一致でこの意見でした。

 

issan
issan

でもせっかく来たので、タンクではなくてペットボトルに数本頂いて帰りました~^^

 

そう、実はこの日もう一か所湧き水を汲みに行きたいところがあったんです。

 

ちなみに、ラシーヌホーム針江さんは水・木定休日となっています。

あと、こちらには湧き水を利用したお風呂もありますよ!この日は次女さんが急にお熱ということで、残念でしたが次回のおあずけにしました。

~こんな割引も嬉しいですよね~

温泉ではありませんが、きっと”優しいお湯”なんだろうなと次回に期待しました^^

 

kyon
kyon

実はこちらのラシーヌホーム針江さんは、京都のジーンズショップさんが運営されています。

 

なので、ジーンズを扱ったお店も併設されているんですね。(優しい店員さんがいるので、こちらもオススメ!)

 

アウトレット商品をはじめ、こだわりのアイテムもゲットしましたよ♪

 

それでは次に、滋賀県高島でおすすめしたい湧き水ランキング2位にいってみましょう!

 

高島の美味しい湧き水2位:安曇川中野【秋葉の水】

高島の湧き水ランキング2つ目は、安曇川町中野区にある”秋葉(あきば)の水”になります!

 

issan
issan

実は、先ほど紹介した針江の生水(しょうず)の感想で言った「〇〇の水」がこの秋葉の水だったんですね。

 

この秋葉の水は、高島の湧き水に注目した私達が初めてゲットしたものなんです。つまり、最初に友人の口コミで知った湧き水ということ…。

ちょっと分かりづらい場所でしたが、行ってみると

 

このように「おー、これぞ湧き水といった良い雰囲気が^^」そして、

こんないい感じで、湧き水が出ていました。で、さっそく置かれているコップを軽くすすいで飲んでみると…。

 「わ!めっちゃ美味しいやん。

「久々に、こんなまろやかな水飲んだわ」

おいちー^^」これは、5歳の次女さん。(普段は”おいしい”と言いますよ)

 

というわけで、この秋葉の水は私達家族にとって湧き水の美味しさの衝撃をしっかり与えてくれました!

 

kyon
kyon

お家の水も美味いけど、湧き水って深いよね〜♪」これは、私の第一声…。

 

そうなんですよね〜。湧き水って、やっぱり水道水とは違う何か高いエネルギーがあるというか…。ココがポイントなんでしょうね^^

そのパワーを秘めているのが、こちらの”秋葉の水”といったところ。ホントにありがたい!

 

issan
issan

というわけで、私が選んだ2つ目の湧き水は安曇川の”秋葉の水”でした〜。

 

ちと場所がわかりにくいですが、近くまで行ったらその辺の人に声をかけてぜひたどり着いてください〜^^(実は、私達もその口なんです^^)

 

ではでは、私が厳選した(ちと大げさ^^;)滋賀高島の湧き水でイチバン美味しいと感じたのは…。こちらで〜す!

 

高島の美味しい湧き水1位:新旭岡【玉水(ぎょくすい)】

〜旧道161号線沿いにヒッソリ看板が!〜

新旭岡スポーツセンターの山側に、この美味しい湧き水があったんです…。(目印にしてもらえればと思いまして^^)

目印になる岡スポーツセンター〜

issan
issan

しかしこれまで、この道を何度通ったことか…。こんな所に、目からウロコの湧き水があったなんて^^;

 

で、こちらの湧き水。実は、グリーンの金網で囲まれた「防火水槽」の横に設置されてるんですよ〜。

まずは、この玉水(ぎょくすい)を知ったきっかけもお話しておきましょう!

 

issan
issan

我が家が、有機野菜などで何かとお世話になっている方(実は柿づくり名人!とも言われています)との会話。

 

いつものように「有機栽培の無農薬のお野菜ワンコインでとりつくろってください〜^^」とお伺いした時のこと。

 「そういえば、最近湧き水に関心があって、この前も”秋葉の水”をいただいたんです」(私達夫婦)

「おー湧き水ええなあ。えっ、新旭にある玉水って知ってる?」
「うちでは、ごはん炊いたりコーヒーもあそこの水を使ってるよ!しょっちゅう汲みに行くんやで〜。
「場所も近いし、ホントに美味しいからね^^」

・・・と柿づくり名人が、ニコニコしながら教えてくれました。

という、私達にとって旬な情報をゲットしたので、あの針江の湧き水”生水”の後にココに来たのでした。

もちろん、しっかり水質検査も受けていましたよ!

こちらには試飲用のコップはなかったので(ひしゃくはあります)、持ってきたペットボトルに汲んでまずは味見してみました。

 

で、私達の感想はというと…。

 「秋葉の水も美味しいけど、こっちの方がよりまろやかで飲みやすいかな…」(私)

「確かに飲みやすいね…^^あと、ほんのり甘味もあると思わへん?」(妻のOtama)

「うーん。あんまり違いがわからんけど、美味しいのは確か!」(長女さん)

「(みんなにつられて)おいしい~^^」(次女さん)

 

といった感じで、我が家が選ぶとしたらココという結果になりました!ちなみにこの玉水は、我が家から車で10分くらいの場所にあります。

 

issan
issan

これも、非常にありがたい!(なくなっても、スグに行けますからね^^)

 

そして、最近の我が家のキッチンにどーんと居座る”玉水”さん!

このありがたい湧き水で、

  • 飲み水として!
  • ご飯を炊く!
  • 料理に使う!
  • コーヒーを淹れる!
  • お茶を沸かす!
  • 焼酎のお湯割りに!(これは私^^湧き水に変えてから、何故か次の日に残らない!)

などなど、美味しい湧き水ライフを存分に楽しんでいます!

 

kyon
kyon

湧き水の保存には、やっぱりコック付きの水タンクがおススメです~^^

 

いやはや、こんな身近に美味しい湧き水があるとはホントに驚きましたね。それ以来、車の荷台に湧き水用のポリタンク&ペットボトルを常備しだしたのは言うまでもありません^^

 

issan
issan

では次に、15以上も高島に住んで「なぜ今更、湧き水に注目したのか?」ということもお話しておきましょう!

 

何でもそうですが、キッカケってふとしたところ(発想)にありますからね…。



私が高島の湧き水を取り入れることになったワケ!

いきなりですが、妻のkyonは”発酵家庭料理研究家”としも活動してるんですね^^

 

kyon
kyon

もちろん自称ですよ~。詳しくはコチラのブログでどうぞ!
発酵食で腸からHappiness!

 

その中で、発酵をテーマにしたイベントの講師として呼ばれることもしばしば…。

で、【魅惑の塩麹と発酵パンケーキレッスン♪ ~微生物ちゃんを味方に!~】というイベントの打ち合わせの時。

 

kyon
kyon

「どうせ仕込むなら、やっぱ美味しい水を使いたいね!」(主催者さんと私)

「なら、私が知ってる湧き水はどう?」(主催者さん)

いいやん、いいやん!ぜったい湧き水で仕込も^^」(私)

 

というふとした発想がキッカケで、私達の高島湧き水探しが始まったのです。ちなみに、その主催者さんが教えてくれた湧き水が、今回のランキングで2位に入った秋葉の水

 

kyon
kyon

湧き水で仕込んだ塩麹…きっとみなさん美味しくできたかと♪

 

もちろん、イベントで使った湧き水は1位の”玉水”ですよ!参加者さんにも「ホンマや!美味しい♪」とめっちゃ好評でした~^^

 

このような流れで、今回紹介した湧き水巡りをしたというワケ。

 

issan
issan

それでは最後に、これまでお伝えした内容を振り返っておきましょう。

 

まとめ

  • 私が選んだ滋賀県高島の美味しい湧き水ランキングはこちら!
    • 1位:新旭岡の玉水(ぎょくすい)
    • 2位:安曇川中野の秋葉の水(あきばのみず)
    • 3位:新旭針江の生水(しょうず)

いかがですか。ぜひ高島にお越しの際には、ちょっとマニアックですが”湧き水めぐり”も楽しい思い出になりますよ^^

ところで、実は高島には酒蔵5件もあります!ということは、お水が綺麗と言う証拠。

これまで、色々と食に関するイベントに出店してきたり、自宅でも健康に関するワークショップを開催したり…。と、食の大切さを発信してきましたが、水についてもっと関心を持つべきだったかな^^;(でも、浄水器を通した水でも十分美味しいんですよ…)

今回、身近なところで美味しい湧き水を発見できたことはホントに大きいです。電気はしばらくなくてもどうにでもなりますが、水はゼッタイ無理・無理・無理ですから。

今後、美味しい高島の湧き水は我が家の食生活に、きっと一役かってくれるでしょう!

もしかしたら、あなたの地元にも意外と美味しい湧き水があるかもしれませんよ~。一度、湧き水探しをしてみては^^

【高島の美味しい湧き水が欠かせなくなったissanでした^^】

 


この記事が気に入ったらいいねをお願いします!
フォローして最新情報をGetしてくださいね♪
この記事を書いた人
いっさん

ログハウスとハンドメイド家具のあとりえどりー代表。(和歌山→名古屋→滋賀)移住後は、田舎暮らしを楽しみながら自分軸で生き自分発信中。
主にログハウスでの暮らし・子育てで学んだこと・アウトドアやDIYについて日々綴っています。
育メンパパ歴15年のお父ちゃんです!

いっさんをフォローする♪
ブログを正しく運営して人生が好転しちゃった!?

住みたい所で好きな仕事をして、自由に生きるための自分発信の方法を
メルマガ(無料)でお届けします(*´ω`*)

スポット体験レポート
この記事をシェアする!
いっさんをフォローする♪
Happiness*幸せのつむぎかた|あとりえどりー

コメント