公式LINEはじめました!
愛され資産ブログで人生を創造&好転させよう!

「あなたが人生の創り手になり資産化する方法」を
無料メルマガでシェアしています。

無料メール講座はこちらから>

海のホテル一の滝をレポート!素泊まりプランで私が感じたことは?

スポット

「那智勝浦温泉でおすすめの宿を探してるんだけど~」

「海のホテル一の滝さんの素泊まりプランって評判通りなの?」

 

こんにちは、源泉かけ流しの温泉に目がないあとりえどりーのissanです。

実は、勝浦のお隣にあたる新宮に実家がある私。なので、わざわざ実家の近くに宿をとって泊まるなんていう発想はありませんでした。

 

issan
issan

でも、母が亡くなり実家の整理中ということもあり、今回初めて帰省時の外泊ということに…。

 

ある意味地元を知っている私にとって、宿泊先には正直悩みました。

 

結果的に、翌朝母のルーツでもある那智山(那智の大滝)に伺う予定もあって、素泊まりプランでお得かつレビュー評価も高かった”海のホテル一の滝”さんに決めました。

 

ということで、さっそく海のホテル一の滝さんのレポートをしていきますね!

事前に聞いていた評判は、実際にどうだったのか?ぜひ、最後までチェックしていってください~。


海のホテル一の滝のレポート!実際にどうだった?

私のレポートの前に、まずは事前に聞いていた口コミチェックしておきましょう!

  • 目の前が海で、景色が最高!
  • 綺麗な日の出が見れる!
  • 源泉かけ流しの温泉が最高!
  • 施設は古いが綺麗にされている!
  • スタッフの方がとても親切!
  • ビジネスでいつも利用してます!(素泊まりプランがありがたい)
  • 日帰り温泉ならいつもココ!(地元の方)

などなど、レビューを見てるだけではトータル的にGOOD!なお宿と言えますよね。

 

issan
issan

では「これらの感想はどうだったのか?」ということで、実際に行ってみたレポートを…。

 

まずは、チェックインしましょか^^

 

予定時刻より早く着いてしまった私達。「少し早いですが、チェックインできますか」と聞いてみると。

大丈夫ですよ~。お部屋の準備もできてますので、ごゆっくりどうぞ。
もうお風呂も入れますし、ぜひご利用ください。

 

と、見た目からも親切そうな男性のスタッフさんが対応してくれました。で、今回私達が泊まったのが2Fの”汐風”というお部屋。

 

実際に、部屋に入ってみると…。

お布団も綺麗に敷かれていて、すぐにでもゆっくりくつろげるようにしてくださってました。

 

kyon
kyon

あと、口コミにもありましたが、部屋は隅々まで綺麗に掃除されていましたよ!(もちろん、館内も)

 

これも、気持ちよくすごせるかどうかのポイントですからね。

 

で、評判で聞いていた部屋からの眺めですが、

 

issan
issan

確かに、目の前は海!手前は小さな港で、その向こうには弁天島

 

そして、雄大な太平洋も臨むことができました。

 

そんな素敵な景色を楽しんでいると…。

ね~、レジンしたいんやけど、どこでやったらいい~

と、最近レジンアクセサリー作りにハマっている次女さんのご要望が。

 

海を見ながら、ホテルでレジン作り。なんとも贅沢な環境^^

 

issan
issan

とりあえず、このテーブルで一杯飲みながらくつろぎたかった私ですが、先に陣取られてしまいました^^;

 

で、私達夫婦は今晩行くお店探し。FREEWiFiでネット検索&チェックイン時にいただいた”生まぐろマップ”も参考にしつつ…。(そう、ここ海のホテル一の滝さんは””素泊まりプラン”のみです)

 

で、夜のお店も決まったことなので、海のホテル一の滝さんに来た一番の理由でもある温泉を楽しみにいきました!(まずは1回目です~)

海のホテル一の滝 源泉かけ流しの温泉

ちなみに、温泉が素晴らしいという評判は口コミでもダントツNo1でした。で、実際に入ってみて…。

 

まさしく!ウワサ通りでした。もちろん源泉流しっぱなしのお湯は最高でしたが、私的には2種類(ぬるめ&普通)の浴槽が一番のポイントだと思いました。

 

issan
issan

意外かもしれませんが、露天風呂水風呂があるよりもコレの方がいいかも!

 

そういえば、あの優しいスタッフさんも「これで十分なんです~」とおっしゃってました。

 

kyon
kyon

確かにそうだよね♪あれだけで、ホントにゆっくり温泉を楽しむことができるわ~。

 

次女さんと一緒でも、超長風呂できたし…。

 

あと、これは男性風呂だけですが、妙法山に沈む素晴らしい夕陽も見れましたよ。女性風呂は、すりガラス仕様になってますので、残念ながら見れなかったそうです。

 

その後、お風呂上りの1杯をやってから、徒歩で生まぐろの本場那智の町にくりだしました。その様子はコチラでお楽しみください~。

 

程良く勝浦の夜を楽しんで、ホテルにもどった私達。部屋の鍵を受け取り、部屋に入ると同時に次女さんが、

ねえねえ~、温泉いこうよ~。気持ちいいし、早くさっぱりしに行こ!

 

と…。もちろん、私達夫婦も大賛成!ということで、2回目の温泉を楽しむことにしました^^

 

issan
issan

1回目の時は、ほぼ貸し切り状態でしたが、夜は日帰り温泉にこられている方もチラホラいましたよ!

 

これは、地元の方にも愛されている温泉の証拠。なるほど~でした。

 

もちろん、2度目もゆ~~くり温泉を楽しみましたよ。(普段の私では、ありえないこと^^;)

 

そして、翌朝。夜明けとともに目を覚まし、カーテンを開けてみると…。

海のホテル一の滝 朝日

とても素敵な朝陽を拝むことが!(すぐに、寝ていた妻と次女さんをたたき起こしました~)

 

kyon
kyon

まあ、これは天候次第ですが、私達は口コミで評判通りの景色を味わうことができました♪

 

これは超ラッキー!!

 

で、先程も言いましたが、海のホテル一の滝さんは素泊まりプランのみなの「朝食どうする?」という話に。

そして、せっかくなので、街に出てモーニングやってるお店探すことに決定。

 

ちなみに、海のホテル一の滝さんからも歩いて行けるところに熊野カフェさんがあります。

 

issan
issan

太平洋を望める素敵なテラスもあって、本来ならここでモーニングする予定でした。

 

が、実は少し前からモーニング営業はやめられたそうなんです。(残念!)

 

一応、朝の散歩がてら近くまで行ってみました~。

 

ここで、海側からの海のホテル一の滝さんがコチラ!

海のホテル一の滝

 

そして、こちらは弁天島

海のホテル一の滝 弁天島

引き潮の時は歩いて渡れるそうです。

 

issan
issan

おっと、話を戻しましょう^^;

 

で、鍵をあずけにフロントに行くと…。昨日のスタッフさんとは違う、もっと優しそうなおじいさん(ちと失礼!?)が「朝ごはんならココに行ってみたら~」とおすすめをしてくださいました。

 

紹介いただいたのが、勝浦漁港にぎわい市場

勝浦漁港にぎわい市場

 

issan
issan

これ!ヤバくないですか?勝浦で朝ごはんするなら、絶対ココでしょ?漁港のお店ならでは~。

 

が・・・・・

 

勝浦漁港にぎわい市場

 

kyon
kyon

ガーン!なんと、ここにきて今回の旅で初アンラッキーなことが^^;

 

そう、この日はちょうど火曜日(定休日)。

 

リベンジを誓って、今回は断念しました。

 

とりあえず開き直るために、勝浦漁港にぎわい市場の前にある足湯をちょっとだけ楽しむことに…。

足湯「鮪乃湯」

~足湯&手湯~

 

勝浦には何ヶ所か足湯スポットがあります。こちらの足湯「海乃湯」は、漁港を眺めながら手湯も楽しめますよ~。

 

kyon
kyon

で、朝食なんですが、結局モーニングはやめて”パンの店きむらや”さんで買いそろえました。それを、ホテルでのんびりくつろぎながらいただきました^^

 

すみません、ノーフォトですが大変美味しかったです♪なにやら、地元でも人気のパン屋さんのよう!

 

ということで、名残惜しいですがそろそろチェックアウトの時間(10時)も近づいてきました。

 

issan
issan

そうそう!1つ言い忘れていたことが。それは、源泉流しっぱなしの温泉のこと。

 

もちろん、3度目の朝風呂もゆっくり堪能しましたよ~。(綺麗な朝陽を見た後です)

 

kyon
kyon

あと私は、館内のところどころに飾ってあった”犬の絵”も気になったよ。

海のホテル一の滝 犬の絵

 

そういえば朝、街に出かける時に柴犬を連れたおばあさん(失礼かな?)と少し会話をしました。ホテルの方というのはすぐに分かったんですが、きっとあの方がオーナーなのかと…。

 

ということで、私達にとっていろんな意味で思い出に残るお宿となりました!

 

issan
issan

では次に、そんな海のホテル一の滝さんの基本情報も紹介しておきますね。内容を入力してください。



海のホテル一の滝の基本情報

ではさっそく、今回私達がチョイスした海のホテル一の滝さんの基本情報はコチラ!

  • 住所:〒649-5334和歌山県東牟婁郡那智勝浦町勝浦752
  • 電話:0735-52-0080
  • チェックイン:15:00 (最終チェックイン:23:00)
  • チェックアウト:10:00
  • 駐車場:40台(無料)

 

issan
issan

ちなみに、お部屋は1階と2階でエレベーターはありませんでした。脚の不自由な方は、あらかじめ伝えておいた方が良いですね!

 

あと、絶品お風呂は1階にあります…。

 

私達は、いつも利用している楽天トラベルで予約して伺いました~。詳しくはチェックしてくださいね。

 

それでは最後に、今回レポートしてきたことをまとめておきましょう!

まとめ

今回は、海のホテル一の滝さんのレポートということで、実際に泊まってみた様子をお話しました。事前に聞いていた評判はどうだったのか?

  • 目の前が海で、景色が最高!⇒
  • 綺麗な日の出が見れる!⇒
  • 源泉かけ流しの温泉が最高!⇒
  • 施設は古いが綺麗にされている!⇒
  • スタッフの方がとても親切!⇒
  • ビジネスでいつも利用してます!(素泊まりプランがありがたい!)⇒
  • 日帰り温泉ならいつもココ!(地元の方)⇒

 

まさしく評判通りとはこのことで、すべてでチョイスして大正解でした。宿泊施設は、1つでも何か欠けているとすごく残念な気持ちになることありますからね…。

 

issan
issan

海のホテル一の滝さんは、どちらかというと古い施設になると思います。

 

でも、しっかり愛情をもって守り続けてこられているのがよ~く分かりました!

 

kyon
kyon

そうだよね~。

 

あの気さくで優しいオーナー夫妻(勝手にきめつけています^^;)の想いが詰まった施設だと思うと、十分納得できます♪

 

ということで、ぜひあなたも”海のホテル一の滝”さんで思い出に残る旅を体験してきてください~^^イチオシです!!!

 

~追伸~

これは超裏情報なので、ホントに気になる!という、あなただけこっそり行って楽しんでください!

 

実は、勝浦には地元の方がよく利用するという【道端温泉】があります。

那智勝浦 道端温泉

 

kyon
kyon

これは、ホントぜいたく!もちろん頂きましたが、これぞ温泉水~で美味でした。

 

これを料理に使うと、きっと違うんでしょうね♪実験好きな私にとって、発酵にもぜひ取り入れたいところ。

 

少し分かりにくい場所ですが、現地で”かつうらマップ”をゲットしてぜひ行ってみてください~。

かつうらマップ



あとりえどりー公式LINEはじめました!
    公式LINEでは、
  • ブログの更新情報やお役立ち情報
  • 田舎暮らしの本音
  • 独立起業の本音
  • ログハウスの本音
  • 子育て・夫婦の本音
  • など、ブログでは詳しく話せないような、突っ込んだお話やイベント企画情報などもお届け!
    友だち追加
    ↑お友だち登録は、こちらからお気軽にどうぞ♪


この記事が気に入ったらいいねをお願いします!
フォローして最新情報をGetしてくださいね♪
この記事を書いた人
いっさん

ログハウスとハンドメイド家具のあとりえどりー代表。(和歌山→名古屋→滋賀)移住後は、田舎暮らしを楽しみながら自分軸で生き自分発信中。
主にログハウスでの暮らし・子育てで学んだこと・アウトドアやDIYについて日々綴っています。
2003年&2012年生まれの姉妹のお父ちゃんです!

いっさんをフォローする♪
ブログを正しく運営することで人生が好転しちゃった!?

住みたい所で好きな仕事をして、自由に生きるための自分発信の方法を
メルマガ(無料)でお届けします(*´ω`*)

スポット体験レポート
この記事をシェアする!
いっさんをフォローする♪
Happiness*幸せのつむぎかた|あとりえどりー

コメント

タイトルとURLをコピーしました