ただ今、田舎暮らしブログにどんどんアップ中です!

2019年の神社参拝備忘録~今年のテーマはつながり&背景を大切に~

神社参拝
2019年初日の出~和歌山新宮より~

「2018年はたくさんの神社に参拝できてよかったなあ…」

 

こんにちは、2019年も神社参拝を大事にしていく決意をしたあとりえどりーのissanです。

2018年に訪れた神社に関することは、こちらをチェックしてみてください。

 

issan
issan

実際たくさんの神社へお礼報告をしてきたことで、1年を通して穏やかな気持ちで過ごせたことも事実。

 

自分を認め、まとっているをどんどん外していくことが大切だと学びました。

 

そして、今年のテーマは”つながりや背景を大切に”です!もちろん、愛情感謝を持って一番身近な家族と深い関係性を築くことは言うまでもありません…。

ということでさっそく、2019年も訪れた順にまとめていきますね。


2019年神社参拝の備忘録!テーマは”つながり&背景”

ではさっそくですが、2019年に訪れた神社を順番に紹介していきます。

  1. 熊野本宮大社(和歌山県):1月1日
  2. 花窟神社(三重県):1月3日
  3. 住吉神社(滋賀県):1月12日
  4. 若狭姫神社&若狭彦神社(福井県):1月15日
  5. 出雲大社(島根県):2月1日

 

issan
issan

当然ですが、それぞれの神社には神様が祀られています。なので、事前にできるだけその神様のことを知って(勉強して)から伺うのが礼儀。

 

ということで、実際に参拝してみて感じたことも含めて1社ずつお話していきましょう!

1:熊野本宮大社(くまのほんぐうたいしゃ)

私が生まれ育ったのは、和歌山県の新宮市。年に2回(お盆とお正月)は帰省しています。ここ数年は、熊野速玉大社へ初詣に行っていましたが、今回は久しぶりに熊野本宮大社へ!

熊野本宮大社 大斎原

主祭神が素戔嗚尊(スサノオノミコト)になる熊野本宮大社。実は、昔は熊野川の中州にあったんです。その聖地が大斎原(おおゆのはら)で、その様子は上の絵で確認できます。

 

で、こちらが現在の大斎原。八咫烏(ヤタガラス)の紋が刻まれている立派な日本一の大鳥居が迎えてくれます!

熊野本宮大社 大斎原

では「なぜ今の場所に建て替えられたのか?」ですが、それは明治時代に起きた大洪水が原因になります!

 

issan
issan

私が生まれ育った地域なのでよく分かりますが、熊野川の氾濫は小さい頃から何度か見てきました。(特に台風シーズン)

 

近いところでは、平成23年の大水害。この時、実は私の実家も裏山の土砂崩れで被害を受けました。

 

話がそれましたが、熊野本宮大社にお参りする際はここ大斎原の神域にも絶対触れておいたほうがいいですよ!

熊野本宮大社 大斎原

今回は初詣で訪れたこともあり、かなり多くの参拝者がいました。なので、私的には現在のご本殿への参拝より、こちらの大斎原の空気感がカラダに残りました!

 

こちらは、伊邪那美命(イザナミノミコト)がお祀りされている産田社(うぶたしゃ)。

熊野本宮大社 産田社

新たなものを生み出すパワーを感じる神社なので、大斎原(おおゆのはら)と併せて参拝しておきたいところです。

 

そして、宮司様が書かれた今年の漢字は【】でした!

宮司さんの今年の一文字

 

kyon
kyon

平成31年の干支は「」で、年号が新たになりますよね。そういうところから「改めて時を 刻んでゆく大きな年」という意味が込められています♪

 

そして、立派なしめ縄。

熊野本宮大社

 

今年、高校受験の長女。自分で行きたい高校を見つけ、その目標に向かって絵馬で祈願しました!

熊野本宮大社 絵馬

ちなみに、3年間おもいっきり料理の勉強ができる高校を志願。そして、受かれば寮生活…。

我が家では、”少しでも早く自立する”ということをテーマにしてきました。なので、長女の選択を信じ、これからもしっかり応援していきます~^^

 

kyon
kyon

追伸:集中して頑張った長女さん。想いが届き、無事に志望校とのご縁をいただけました~♪

2:花窟神社(はなのいわやじんじゃ)

こちらの神社は、ちょうど帰省時のルートにあたります。なので、特に年始の挨拶には必ず訪れているんです。(つまりお正月の帰省の帰り道)

 

こちらの高さ45mの大岩は、神々の母にあたる伊邪那美命(イザナミノミコト)のご神体とされています。

花窟神社

ここから天(空)へ望む景色から、壮大なエネルギーを感じ原点に戻るような気持ちになれます。

 

ご神体からかけられたお綱は、国道42号線沿いに固定されています!

花窟神社

 

issan
issan

ちなみに2月と10月の年に2回お綱かけの神事が行われます。これは、機会を作って一度は見ておきたいものです~。

3:住吉神社(すみよしじんじゃ)

住吉神社

こちらは高島に移住してきて以来、必ず年初にご挨拶している地元の神社です。今年は、全国に2300社ある住吉神社の総本社にあたる”住吉大社”にも伺ってみたいと考えています!

4:若狭姫神社&若狭彦神社(わかさひめ&ひこじんじゃ)

若狭姫神社~千年杉~

お水送りの聖地とされる福井県小浜市。こちらは一生の邪気払いということで、年頭に参拝しました。レポートにしてますので、ぜひチェックしてみてください~。

5:出雲大社(いずもたいしゃ)

出雲大社

初めての出雲大社。長女の受験旅行を兼ねて、家族で開門と同時に早朝参拝してきました。詳しくは、こちらの記事でレポートしています~。

 

issan
issan

縁結びの神様で有名な出雲大社。ご縁にも、いろいろあります!あの空気感をぜひ体験してきてください!

 

また、日本中の神々が集まる神在月(旧暦の10月・現在の11月)にも、ぜひ訪れたいもの…。

 


2019年神社参拝については、この後も随時更新していきますね!

それでは最後に、今回のお話をまとめておきましょう。

まとめ

2019年私達が訪れた神社の備忘録ということで、参拝した時系列にまとめています!

  1. 熊野本宮大社(和歌山県):1月1日
  2. 花窟神社(三重県):1月3日
  3. 住吉神社(滋賀県):1月12日
  4. 若狭姫神社&若狭彦神社(福井県):1月15日
  5. 出雲大社(島根県):2月1日

日本人が本来持っている【真・善・美】の心を取り戻せるのが、まさしく神社参拝だと思います!

 

issan
issan

そして、その心は神様のお心とも言えるでしょう。

神社参拝は日頃の邪気を払う意味もありますが、自分自身をパワースポット化するためにも習慣にしたい行事です。

 

そして神社参拝に行かれる際は、できるだけ行く前から少しずつ自分の気を整え、少しでも多くの功徳を得られるように心掛けてみてください。

そう!功徳(くどく)は口説くなので、神様を振り向かせて応援して頂けるくらいの報告をしちゃいましょう!


この記事が気に入ったらいいねをお願いします!
フォローして最新情報をGetしてくださいね♪
この記事を書いた人
いっさん

ログハウスとハンドメイド家具のあとりえどりー代表。(和歌山→名古屋→滋賀)移住後は、田舎暮らしを楽しみながら自分軸で生き自分発信中。
主にログハウスでの暮らし・子育てで学んだこと・アウトドアやDIYについて日々綴っています。
育メンパパ歴15年のお父ちゃんです!

いっさんをフォローする♪
ブログを正しく運営することで人生が好転しちゃった!?

住みたい所で好きな仕事をして、自由に生きるための自分発信の方法を
メルマガ(無料)でお届けします(*´ω`*)

神社参拝
この記事をシェアする!
いっさんをフォローする♪
Happiness*幸せのつむぎかた|あとりえどりー

コメント

タイトルとURLをコピーしました